気持ちは西三河

全部フィクション 中の人@asarigawara

ONIGAWARA「ファースト〇〇シングル」を考える

約一年前、

音楽業界初の試みとなる、ファースト・ペンライト・シングルである「タンクトップは似合わない」をリリースしたONIGAWARA

 

その後も、ファースト・インスタントカメラ・シングル「シャッターチャンス'93」、

ファースト写真集シングル「GATTEN承知之助~We can do it!!~」など、一風変わったシングルをリリース。

また、来月19日には、ファースト・チケット・シングル「ホップステップLOVE」が発売されます。

 

普通のアーティストでは到底考えられない、「CDシングル」の域を超えた前代未聞のシングルを続々と世に送り出す彼らですが、一体どこから着想を得ているのか。

ONIGAWARAやLastrumのスタッフさんの事を思うと、この記事はこれ以上にない蛇足かと思うのですが(本当にすみません)、

今回の記事では、新たな「ファースト〇〇シングル」を考えてみます。

 

 

・ファースト・テレホンカード・シングル

80's、90'sの様々なカルチャーを牛耳ったテレホンカード。

21世紀になった今もなお多くのコレクターに愛される最高のカードです。

ノスタルジックのその先へ行ったのに結局戻ってきちゃいましたが、これはもうONIGAWARAにピッタリじゃないですか?ノスタルジックイズカミンバック。

携帯電話の普及によって、街中から公衆電話の数がかなり減った現代において、テレホンカードは完璧に市民権を失くしたように思えますが、現在でもテレホンカードを利用されている方は16.3%もいらっしゃるようです。(2015年3月時点)

テレカを使う必要のない若者はメンコとして遊んでも良いし、携帯電話を持っていないおじいちゃんおばあちゃんに一筆添えてプレゼントするのもグッドです。

 

・ファースト・パンケーキ・シングル

ぱっと見はスーパーの製菓コーナーに並んでいるものと大差ないパンケーキミックス。

小田急に乗る前にふたりで食べたパンケーキ」というテイで楽しんで頂きたいシングルです。

以前、松平健さんが両A面シングルの「マツケンマハラジャマツケンカレー」をリリースされた際、あのオリエンタルとコラボして「マツケンカレー」というレトルトカレーを発売されました。

www.oriental-curry.co.jp

これ、めっちゃくちゃ衝撃で、タワレコで見たあの日のことをいまだに覚えています。

平井堅さんも以前にケンカレーというレトルトカレーを発売されましたね。

ONIGAWARAとカレーは別ち難い関係……ですが、ここではあえてのパンケーキで。

朝食にも3時のおやつにもピッタリです。いいぞいいぞ!お皿ごと全部抱きしめちゃえばいい!

 

・ファースト・VR・シングル

ONIGAWARAの2人がボーイフレンドになってくれるバーチャルリアリティシングル。

映像は伸也編・サティフォ編・箱推し編の3パターン。特設サイトへアクセスし、スマートフォンに映像をダウンロードして、スマホをVRゴーグルにセット。

VRが広く一般に普及した今、わりと「あり得そうだな」と思っています。

あまりの没入感に映像が終わったあと何もできなくなるガワラーが爆誕しそう。恐ろしい。

今、ふと思ったんですけど、GIGをVRで観ることができたらかなり最高じゃないですか?

360度会場を見渡すことができて、実際のGIGのように四方八方をペンライトの光で包まれて…想像しただけで興奮の度合いが動画サイトやDVDに比べると全然違うのがわかります。

Eじゃん!

 

・ファースト・ムック本・シングル

ONIGAWARAのアレコレがぎゅっと詰まったムック本、付録はCDシングル。

ムック本は本当に良いと思います。付録が主体の雑誌ってよく考えたら凄いですよね。なのにお手頃価格かつ高クオリティ。

色んな事が事細かに語られた1万字インタビューから、「好きな食べ物は?」みたいな簡単なプロフィールも載って、ご新規さんも古参もにわかもガチも楽しめる一冊。

配信が主流になってきているなか、「絶対にCD派」もいると思ったのでシングルでは初のCD。

これは別に今までのやり方を批判しているわけではなくて、全力で主観なんですけど、もしCDが付いているって分かったら、ONIGAWARAを知らなくても買う人が結構いるんじゃないかな?と思います。

 

 ・ファースト・LINE・シングル

ボーイフレンドになったONIGAWARAの2人から2週間に亘ってLINEが送信されてきます。

LINEはVRと同じく、伸也編・サティフォ編・箱推し編の3パターン。

2週間が過ぎても再度LINEを登録しなおすことで、何度でも楽しむことができます。

自分の返信によって送られてくる内容が変わってくるので、すいみん不足待ったなし!

仕事や学業に追われた癒しの足りない現代社会において、生活に欠かせない存在のスマートフォンユートピアとなり、2週間の現実逃避を叶えてくれます。LINEは僕らを待ってる。

ラジオと連動して、毎週火曜はちょっと特別なメッセージが来たりなんかすると最高ですね。

 

・ファースト・LINEスタンプ・シングル

このご時世、LINEのデータがぶっ飛んだら終わりますよね。

仕事でも学校でもプライベートでも、LINEを使わない日はないと思います。

打ち合わせ場所を訊くとき、スタバの新作を飲みに誘うとき、体育館裏に呼び出すとき…色んな状況で幅広く使えるスタンプ。

実用性に優れたシングルで、我ながら「欲しいな」と思いました。

ONIGAWARAの公式LINEにスタンプを送ると、スタンプシングル限定の返事が来る仕様だともっと楽しめそうです。

 

 

さて、こんな感じで6つの「ファースト〇〇シングル」を考えてみました。

実際に考えてみて分かったんですが、難しいです。

「これはどうだろう…無し。じゃあこれは?いや~、これも微妙」みたいな感じで、考えれば考えるほど面白いシングルから遠のいていくので、ONIGAWARAやLastrumの方々には改めて感服しました。

いつも面白いリリースをありがとうございます。本当に。

 

皆様もぜひ考えてみてください!

 

それでは*\(^o^)/*